SPACEオンライン バックナンバー

 

Vol.2 1998年 秋号
平成10年9月6日 毎年恒例の山形馬見ケ崎河川公園での大鍋芋煮会の様子。約50,000食分の芋煮が提供されます。

 山形で秋の風物詩のひとつに挙げられるのが“芋煮会”です。農作業が一段落する頃、河原や野原に仲間が集まり芋煮の鍋を囲んで秋の一日を満喫します。子供から大人まで楽しみにしている行事のひとつ。芋煮会が終わると、やがて長い冬がやってきます。芋煮会は冬期保存のきかない里芋を食べきるために始まったと言われています。
SPACE第2号発行によせて

SPACE第2号をお届けします。創刊号のアンケートはがきのご返信、大変ありがとうございました。お客様のSPACEへのご要望をもとに、今回から取材ページ「情報WANTED」や「なるほどQ&A」のコーナーを加え内容の充実を進めてまいります。SPACEキャラクターも決定し、編集者一同張り切っています。お客様のご意見は他の読者の方にも大変お役に立ちます。つきましては、今後も機会があればどんなにささいなことでもかまいませんので、ぜひお聞かせくださいますようお願いいたします。

SPACEキャラクター入選者発表!

みみちゃんです。よろしくね。

SPACE創刊に伴い、皆様からご応募いただいたキャラクターの選考が終了いたしました。選考の結果、山形県の石川知恵子さんの作品「みみちゃん」に情報誌SPACE誌上で活躍いただくこととなりました。入選者の方々は次の通りです(予定は5名様でしたが良い作品が多かったため7名様にしました。)。

島根県 江田さま  山形県 大江さま
山形県 菊池さま  北海道 坂下さま
岩手県 馬場さま  大阪府 横尾さま

惜しくも入選は逃しましたが、ご応募くださいました皆様、どうもありがとうございました。

※ 今回のみみちゃんは「なるほどQ&A」を担当してくれています。
そちらも併せてご覧ください。

山本乾燥機有料メンテナンス(点検整備)のご案内

シーズン中の乾燥機の調子はいいかがでしたか?来年も安全で順調な乾燥作業を行っていただくために農閑期(11月〜6月)の有料メンテナンスを実施しています。特にご購入後2年以上経過(2シーズン以上ご使用)した山本乾燥機をお持ちのお客様や、ご購入後1度も有料メンテナンスを実施されたことがないお客様におすすめします。定期的なメンテナンスは乾燥機の耐用年数を延ばすことにもつながります。是非この機会に有料メンテナンスのお申し込みをお勧めします。
※実施時期につきましてはお客様のご希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承願います。
ご希望のお客様はご購入くださいました販売店または農協までお申し込みください。点検内容等についてのお問い合わせは弊社営業技術課まで。

そば情報

○国産そばの自給率はわずか20%(平成7年の作付け面積2.3万ha、収穫量は2.1万トン)

・そばの国内消費量はおおよそ12万トン。そのうち国内産は2万トン強。あとの10万トンは輸入。
・国内総需要は15万トン程度。そば屋と農家の契約による流通や自家消費分が統計には表れないため
・収穫量上位は、北海道、鹿児島県、茨城県、福島県、栃木県

平成7年そば輸入量は10万トン
輸入先 1位中国   8万トン
    2位アメリカ 1.3万トン
    3位カナダ  0.46万トン

大豆情報

「国産大豆」は、おいしい、安全、ヘルシーの代名詞。

○「国産大豆」の表示がなければ、間違いなく輸入大豆。「国産大豆」は、おいしい、安全、ヘルシーの代名詞。国産大豆の出荷価格は1俵(60kg)15,000円程度
○国産大豆の自給率はわずか3%(平成9年の作付け面積8.3万ha、収穫量は14.4万トン)

・納豆用は 自給率3.6%           
・豆腐、油揚げ用は 自給率3.5%       
・味噌、醤油用は 自給率1.5%          
・煮豆、総菜用は 自給率75%         

収穫量上位は、北海道、茨城、秋田、福岡、栃木

平成7年大豆輸入量は481万トン
輸入先 1位アメリカ 400万トン 
      2位ブラジル 
      3位中国

山形名物芋煮のつくり方

 

【材料(4人分)】
里芋600g
牛肉薄切り400g
平こんにゃく1枚
ごぼう80g
長ネギ2本
水5カップ
砂糖大さじ3〜4
しょうゆ大さじ5〜6
酒大さじ5〜6
お好みでしめじ、まいたけ

【調理方法】
里芋をひとくち大に切り、塩でよくもみ、水洗いして一度さっと茹でる。沸騰したら水を捨て芋を洗う。
こんにゃくは手でひとくち大にちぎりさっと茹で、あくを抜く。
牛肉を4センチ長さに切る。
牛肉を鍋でカラ入りし、しょうゆ、酒(みりん)で少し味をつけ、いったん取り出しておく。
牛肉を炒めた鍋は洗わずに、水、里芋、こんにゃく、ごぼうを入れ火にかけ沸騰したらしょうゆと酒(みりん)等調味料の半分を入れる。
里芋に6分通り火が通ったら、牛肉と残りの調味料を加えてさらに煮る。この時に「あく」をすくい取る。
里芋に火が通ったらネギを加えて出来あがりです。

編集後記

 SPACEニュース第2号はいかがでしたでしょうか?さて、今回私共は「情報WANTED」コーナーのため、はじめて「取材」を体験しました。張り切って出かけたものの、いざ取材となると緊張がかくせない私たち。しかし、藤代社長の明るい人柄と、前向きな考え方に緊張もほぐれ、なんとか無事取材を終えることができました。藤代社長にこの場をお借りして心よりお礼を申し上げます。今後もSPACEが皆様との情報交流の場として活躍していけるよう励んでまいります。皆様のご指導よろしくお願い申しあげます。

編集者一同