SPACEオンライン バックナンバー

 

Vol.1 1998年 創刊号
おかげさまで80年(創業大正7年)

奥山京子選手
長野パラリンピック冬季大会で、弊社の奥山京子選手が銀メダル2個、銅メダル2個を獲得しました。
写真はアイススレッジスピードレースの様子です。ご声援ありがとうございました。

【特集】お客様からみた山本製作所
お客様にご満足いただくため私達はSPACE(スペース)活動に力を注ぎます

 

スピード       より速く
パーソナルタッチ  親切丁寧
アキュラシー     安全正確
コ オペレーション お客様のために
エコノミー      より安く

貴重なご意見・ご提案どうもありがとうございます。

 

昨年8月に山本製作所はCS(顧客満足度)向上活動の一環として、お客様の様々なご意見を頂戴するためのユーザーアンケート調査を行いました。私たちはお客様のご意見ひとつひとつを真剣に受け止め、もっともっとご満足いただけるように取り組んでいきます。
(アンケートにご協力をお願いしたお客様は当社で無作為に選ばせていただきました。)

アンケートにてお寄せいただいたお客様のご意見は項目別に分析し、それぞれSPACE活動のグループテーマとして取り組んでいます。また、今後も解決したテーマからスペースニュースを通じ、お客様に「お約束」と共にご報告申し上げます。

1、企業イメージ
・乾燥機以外何を扱っているのかよくわからない
・地味な会社だと思う
・本社がどこにあるのかわからない

2、カタログ類
・小売価格が載っていない
・カタログの入手方法が不明
・カタログ自体見にくい 
             など
3、操作性
・ 据え付け場所の融通がきかない
・ 掃除がしにくい
・ 操作が難しい
・ 運転音がうるさい など

4、サービス面
・機械が故障したときになかなか連絡が取れない
・数年ごとにメンテナンスをして欲しい

5、営業体制
・もっと詳しく商品説明が聞きたい
・近くの営業所を教えて欲しい


お客様へのお約束!

 

【お約束 その1】
「カタログが見づらい」という声にお応えして、カタログの文字を大きくし、イラストを多く使ってわかりやすく工夫しました。読んでいただきたいところはより詳しくし、見た感じのイメージでわかるように配慮しています。第一印象は大事ですね。

【お約束 その2】
「企業イメージがわかない。」という声にお応えして、本誌「スペースニュース」を発行し、お客様に各種の情報をお届け申し上げ、ご理解を賜る所存です。
また、「スペースニュース」を通してお客様に新しい情報をお伝えしながら、より良い体制をつくりたいと考えております。

【お約束 その3】
「各営業所が遠い。」という声にお応えし、既存の拠点に加え、新たに6つのSSP(セールス・サービス拠点)を開設しました。これで全国各地のお客様により速いサービスのご提供が出来るようになりました。

すぐ出来る!シーズン前のこんなお手入れ

“乾燥機に籾を張り込んだのはいいが、いざ乾燥しようとしたら火がつかない!!”

皆様こんな経験はございませんか?こうしたことのないように、ご使用の一週間前には乾燥作業の準備をおすすめします。

【チェック項目】
○乾燥機のまわりを整理しましょう。燃えやすいものはありませんか?
○乾燥機内部のゴミを掃除し、Vベルトの摩耗がないかを確認しましょう。
○排風ダクトを装備し一通りの運転を行いましょう。
(その時異音はしませんか?バーナは正常に燃えていますか?)

不具合箇所があればご購入先へ連絡して修理を受けましょう。試運転を行い
確認することで、使いはじめのトラブルが未然に防げます。
農閑期の有料メンテナンスを実施しています。お問い合わせはご購入先まで

おいしいワインでカンパイしましょ!

ワインブームが続いていますが、ここ山形のワインもなかなかの絶品です。

山形といえばさくらんぼ、ラ・フランスなどおいしい果物で有名ですが、ワインの味も果樹王国ならではのおいしさ。完熟果実をふんだんに使っているためとってもフルーティー。冷やして飲めば、まさに“大人向けジュース”とでも言いたくなるようなおいしさ飲みやすさです。 種類は名物さくらんぼをはじめ、ラ・フランス、ナイヤガラ、オリンピアともりだくさん。皆様のお好みのフルーツをワインでご賞味なさってはいかがでしょうか?

おすすめ!!「山形リースリング」  
低温でじっくり発酵させたやや辛口なワインです。華やかな香りの中に天童産ならではの個性が光ります。

編集後記

いろんな情報をキャッチー

“SPACEニュース”創刊号が出来あがりました。皆様いかがでしょうか?まだまだ未熟者ですが、皆様に喜んでいただける内容をご提供するために、足マメ、口マメ、耳マメ、目マメ、手マメの総動員でお客様の生の声に接してまいります。内容についてご意見やご提案がございましたら、ぜひお聞かせ下さい。

編集者一同